セフレが中出しを懇願してきます

セフレに関しての疑問は、どうやって出会うのかといったものから、実際にセフレの関係を築いてからのもの。
関係の解消の仕方など、本当にさまざまです。
次のような内容の疑問が届きましたので、こちらで少しでも解決できるようにアドバイス的なことを送りたいと思います。

Qセフレが中出しを懇願してきます。

こっちは病気も怖いし、妊娠のリスクもあるので、セフレとのセックスでは、ゴムをつけてしたいと思っています。でもセフレの方は、生要求は当然。
その上で、毎回中出しをせがんでくる始末。
雰囲気を壊すのも嫌なので、要求通りにしているのですが、聞けばピルなども飲んでいないと言っています。これって妊娠しても問題ないと思っているのでしょうか?

このような質問は意外と多く、セックスの気持ち良さを求めるからセフレを作るのであって、避妊具などの使用は抵抗があるパートナーが男性のみならず、女性でも多いんです。

それでも、やはり妊娠になってしまうリスクが高いわけですから、大事なパートナーとであればともかく、セフレ相手では抵抗があるという方は多いんですね。

一般的な認識と管理人の意見
まず、一般的な意見を紹介しましょう。
  • 「子供が出来れば、セフレではなく、本カノや結婚と思っている、頭が痛い女なんじゃないの?」
  • 「過去に中出しされまくっても、妊娠しなかった特殊体質なのかも?」
  • 「妊娠をネタに金銭取ろうとしてるんじゃないですかね‥」

などが見られています。その裏に何かしらの目的があるというのが一般認識のようです。

管理人的には、単純に快楽を求めていて、生セックスがとにかく好き。
中出しされた時の子宮に注がれる精子の感触が癖になっているという独特の感覚の持ち主である可能性は高いと思います。

ただ、ピルなどを飲んでいないという発言は、単純にそれを聞いて戸惑っていたり、焦っているあなたの表情をみて、楽しんでいただけかもしれませんね。本当に通常のピルを定期的に服用していなくても、72時間以内に服用すれば、避妊率が99パーセントというアフターピルを飲んでいる可能性も少なくないです。(参考記事⇒セフレとセックスするなら避妊を徹底する!

ピルもアフターピルも本当に飲んでいない場合であれば、まだセフレ期間が短い場合は、金銭目的。長い場合には、最初はセフレで満足だったけれど、セックスが良かったのか、一緒にいるのがかなり心地よかったのか、感情が入り、本気になってしまい、何とか本カノになりたいなどの目的。

このように妊娠をすることで得られる何かしらのメリットを求めて要求している場合が多いですね。要求をしているからといって、雰囲気を優先させず、ちょっと待ってという勇気も必要とはいえないでしょうか。

関連記事一覧:

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ