女子高生をセフレに!一度は体験してみたいよね?

女子高生をセフレにする画像女子高生をセフレにしてみたい。
これはインターネット上のまとめサイトなどを見ていると、多くの男性が抱いている願望であることが分かります。
ヤバイことだとは分かっているけれど、だからこそ一度はしてみたい。やっぱり社会人になっていて、何人もの男性の手垢のついた女性よりも、まだまっさらな女子高生に魅力を感じる。

こういった考えの方も、分からないでもありません。
女子高生をセフレにする魅力として言われているのは、性的な行為に興味や関心を持っている時期で、まだ恋愛経験も少なく、一度セックスをしちゃえば、セフレ化するのが簡単なのではないかというもの。

もしも経験があったとしても、同年代のあまり知識やテクニックのない男子高校生とのセックスだろうし、大人の自分のテクニックでヒィヒィと言わせられそうといったもの。

女子高生であれば、処女とまではいかないまでも、まだいろいろな性感帯の開発などもされていないだろうから、自分の性癖に合ったセフレを生産することが出来るのではないかという理由から、一度でいいからセフレ化してみたいと思っているなどが挙げられるでしょう。

実際にセフレノウハウを提供しているサイトや、前述にあるまとめサイトなどの体験談などを覗くと、こういうメリットがあるんだというメッセージが伝わってきますよね。

女子高生をセフレとして選ぶのはアリなのか?

前述のように、本当か嘘かは分かりませんが、体験談を見ると、性欲をくすぐられるような魅力が書かれていますが、実際に女子高生をセフレとして選ぶのは、アリなのか?

そもそも犯罪じゃないの?なんて声も聞こえてきそうですが、ケースバイケースなんです。
淫行にあたると思っている方も多いですが、それは、あくまでも強引にセックスさせて欲しいと強要されてセックスをした場合。
もしくは、セックスと引き換えに金銭の授受があるといった児童買春に当たる場合はアウトです。

合意のセックスただ、お互いが了承して、合意の上でのセックスなら、逮捕されるかどうかは、裁量次第という実に曖昧なものというのが、現実。
ですから、前述にもあるような思春期特有の性の目覚めで興味本位でセックスをしたいと思っている女子高生や、友人に置いていかれないように、早く処女を失いたいなんてケースの場合には、相手の合意があるため、相当無茶なプレイなどをしたりしなければ、淫行にされるケースは少ないのです。

女子高生セフレの最大の魅力は、やはり若さでしょう。
特に社会人や中高年には、一緒にいるだけで元気を貰える新鮮さを感じるもの。
使い古されていない綺麗な身体で、開発もされていないため、そういった女子高生に快楽を教えてあげるのは、この上ない魅力と言えるでしょう。

ただこれはメリットであるものの、デメリットでもあります。
例えば、風俗でも素人系女性といえば聞こえはいいですが、要はやる気がなかったり、テクニックのない風俗嬢のサービスしか出来ない地雷嬢なんてことも珍しくありません。
風俗嬢をリードするくらいの責め派や調教好きならともかく、普通のセックスくらいしか出来ない男性ならば、あまりのテクのなさや、色気のなさにがっかりするケースも多いのです。

女子高生のイメージを勝手に膨らませ、若い年代のいいところばかりを期待してセフレ化しようとすると、大きな後悔をすることになるのです。
特にこの時期の女の子の心は、成人女性以上にコロコロと変わります。
ちょっとした出来事で、合意をしてセフレになったはずが、後から親にバレ、問いつめられた時、言い訳として強要されたなどと言われてしまえば、淫行確定です。(参考記事⇒18歳に満たない相手をセフレにするときの注意点

女子高生をセフレ化したいという場合には、扱い方からセックスに至るまで、様々なことを注意する必要があるでしょう。

関連記事一覧:

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ