18歳に満たない相手をセフレにするときの注意点

セフレにしたい年齢が若年層という方は多いことでしょう。
女性の価値が最も高いと言われているのは、10代から20代前半とも言われていますから。

18歳に満たない女性の画像そこでセフレのターゲットも、18歳未満の女の子に限るという男性もいらっしゃいます。
しかしながら、自分がしたいからといって、18歳未満の女の子をセフレ化してしまうと、のちのち大変なことになってしまうので注意しましょう。

まず18歳未満の男女は、児童にカテゴライズされます。少年法などに代表されるように日本では、成人に満たない若年層に対して、様々な法律や条例といったものが設けられています。

国のレベルでは、児童福祉法や、児童の虐待に関する法律。
他にも児童買春、児童ポルノ禁止法。(童買春、児童ポルノに係る行為等の規制及び処罰並びに児童の保護等に関する法律※外部サイトに飛びます)そして、各自治体レベルでは、青少年保護育成条例などが存在しています。

この中でセフレ化と大きく関わってくるのは、児童買春防止法と、青少年保護育成条例ではないでしょうか。当然に援助交際目的の18歳未満の女の子にいくらか渡し、セックスをしてしまう。その後にセフレ化して、お小遣いなどを渡しているという関係の場合には、児童買春防止法に引っかかります。

そして青少年保護育成条例ですが、これは18歳未満の児童と、性行為等をしてしまうと罰せられる可能性があります。ただし、これは微妙な条例であり、肉体関係のないプラトニックな恋愛関係ならば、何も罰せられないことになっています。

高校生カップルの画像例えば、高校生カップル同士が恋愛関係になり、セックスをするなんてパターンは普通にありますよね。早い男女なら、中学生の段階でセックスをしていることも少なくありません。

こういったものの全てを行政が、いちいち全てを取り締まることは、はっきり言って不可能と言えるでしょう。
警察も民事不介入を義務付けられていますから、そういったものは、お互い同士やお互いの家庭でかいけつしてくれという話になるのです。

いくら隠し通していても、妊娠をしてしまったなどで、性行為をしていたことがバレてしまった場合には、お互いの両親同士で話が進むことは一般的でしょう。

こちらが成人の場合で、セフレ化しても、相手の女の子が協力してくれて、セックスはしていないと主張してくれる。
もしくは、両親を説得してくれるといったことをしてくれれば、何も罰せられることはないわけです。

逆に無茶なプレイをして妊娠させたり、肉体や精神に深刻なダメージを負わせるようなことをしてしまった場合には、相手に訴えられる可能性も高いため、注意が必要です。

13歳未満との性行為は絶対にダメ

相手を囲い込めば、児童をセフレにしても大丈夫なんだと安心してはいけません。
法律上では、13歳未満の女の子とセックスをしてしまうと、いくら相手の同意があろうと、将来に結婚の約束をしていようと、セックスをした時点で強姦罪になります。

16歳未満の画像基本的には女性は16歳、男性ならば18歳で結婚が出来るのが日本の法律で認められています。
いくら性行為があっても、将来に結婚の約束をしており、真剣に交際しているとお互いの主張が合っていれば、何ら罰せられることはないのです。

こういったことを考えた場合、18歳未満の中でも13歳未満は絶対にダメ。
14歳から16歳も、両親などに関係を知られてしまえば、許される可能性は低いため、できれば避けないと、罰せられる可能性が高い。
16歳と17歳であれば、相手の性格や、こちらの接し方次第によっては、自由にセフレ化をすることが出来ると判断してもよいのではないでしょうか。

ただし、あくまでも相手の気持ちが変わったり、児童の両親との絡みが出てきてしまう可能性が高く、訴えられてしまえば、社会的な地位や家庭、仕事、信用などさまざまなものを失ってしまうことにもなりませんから、できる限り避けるべきでしょう。

関連記事一覧:

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ